FSX(Microsoft Flight Simulator X)は、アメリカ・Microsoft開発のフライトシミュレーションソフトウェアです。

Microsoft Flight Simulatorシリーズが培った戦闘機から旅客機まで、好きな機体で地球全体を自由に飛び回ることができるゲームシステムは

フライトシムの常識ともなり、ファンだけではなく一般層にも広く浸透したおそらく世界で一番有名なフライトシムなのではないかと思います。

しかしながら、開発元のスタジオがMicrosoftによるリーマン・ショック後の経費削減の一環として2009年に閉鎖。

1979年から30年に渡り続いてきたMicrosoft Flight Simulatorシリーズの命脈は絶たれることとなってしまいました。

 

Prepar3Dは、このFSXをアメリカの大手航空機メーカー「ロッキード・マーティン」社が知的財産権や開発スタッフごと買い取り、

同社の主力製品である軍用機のシミュレーションを主軸として独自にアップデートを続けたものです。

FSX譲りの操作性や拡張性はそのまま受け継がれており、事実上FSXの後継としてフライトシムファンに親しまれています。

名称未設定.png